南浦和・さいたま市エリアの売買・賃貸情報なら㈱白井商事へ!

賃貸マンション・アパート・戸建から店舗・事務所まで、いろいろな不動産情報を取り扱っております。

南浦和・さいたま市エリアの不動産ならお任せください。貴方のお探し物件を全力で応援致します。

㈱白井商事  『南浦和の賃貸・売買 物件検索サイト』

  • 048-882-0111
  • 9:00~18:00/定休日:水曜日

南区の沿革

※昭和36年当時の写真右に白井商事があります。

町村制施行

谷田村(南区南本町、南浦和、太田窪、大谷場、大谷口、広ヶ谷戸)

六辻村(南区白幡、根岸、別所、辻、沼影、文蔵)

美谷本村(南区松本、内谷、曲本、戸田市の一部)誕生。

明治22年

昭和7年

谷田村が、木崎村、浦和町と合併、昭和9年の市制施行で浦和市に。

昭和13年

六辻村が町制を施行し、六辻町になる。

昭和17年

六辻町が、浦和市と合併。

昭和18年

美谷本村が、笹目村と合併し、美笹村に。

昭和32年

美笹村と戸田町が合併。

昭和34年

戸田町の一部(南区堤外、内谷、曲本、松本)が、浦和市に編入。

昭和36年

南浦和駅開設。

昭和46年

沼影市民プール開設。

昭和48年

武蔵野線開業。

昭和57年

南浦和相談所開設。

浦和市文化センター・南浦和図書館開設。

埼京線開通(中浦和駅、武蔵浦和駅開設)。

昭和60年

平成3年

六辻水辺公園完成。

東京外環自動車道開通。

南浦和コミュニティセンター開設。

南浦和駅市民の窓口開設。

平成4年

平成13年

浦和市・大宮市・与野市合併、さいたま市誕生。

平成15年

さいたま市は政令市へ移行、南区が誕生。

《さいたま市 南区役所の歴史・沿革2より参照》

1962年(昭和37年)当時の南浦和東口 

※中央の大通り左に白井商事があります。

2011年(平成23年)現在の南浦和東口